牡蠣エキスは葉酸サプリとしておすすめ?

妊婦が摂るべき栄養素として注目されている葉酸ですが、そもそも葉酸とはなんでしょう?いつまで飲むのがいいのでしょう?欠乏すると神経障害が出るというけど、過剰摂取の心配はない?牡蠣エキスにはどのくらい含まれているのかなどをまとめました!
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスは葉酸サプリとしておすすめ?葉酸とはなに?いつまで飲めばいい?

牡蠣エキス,葉酸

 

妊婦が葉酸欠乏症になると、おなかの赤ちゃんに神経障害が出るとして、厚生労働省も注意喚起している栄養素。

 

 

でも、そもそも葉酸とはなんでしょうか?

 

妊娠中のいつまで飲むのがいいのでしょう?

 

牡蠣エキスには、どのくらい葉酸が含まれているのでしょうか?


葉酸とは?

葉酸の働き

 

葉酸は、ビタミンB9ともいわれるビタミンB群のひとつです。

 

物質名としては、プテロイルグルタミン酸といいます。

 

 

ビタミンは、人間の体内で作り出せない栄養素なので、食べ物から摂る必要があります。

 

 

名前からすると、野菜に含まれている栄養素のように思われますが、肉や魚介類など動物性食品にも多く含まれています

 

最初にみつかったのが、ほうれん草だったため、葉酸と名づけられたのです。

 

 

葉酸の働きとは?

 

わたしたちの体は、細胞の集まりです。

 

細胞は、日々、新しいものが生まれ、古いものが死んでいくという新陳代謝を繰り返しています。

 

 

新しい細胞が生まれるときは、DNAの合成から始まります。

 

葉酸は、いくつかのDNAの合成に必要です。

 

 

とくに、細胞分裂が活発な造血器官で葉酸が不足すると、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)という悪性貧血になります。

 

 

巨赤芽球性貧血とは?

 

巨赤芽球性貧血は、多くの場合、ビタミンB12または葉酸(ビタミンB9)の欠乏が原因です。

 

 

赤芽球(せきがきゅう)とは、赤血球になる前の未熟な細胞です。

 

ビタミンB12や葉酸が不足すると、DNAの合成がうまくいかないため、細胞核の成熟が遅くなります。

 

けれども、ビタミンB12や葉酸の影響が少ない、RNAの合成は進み、その結果、細胞質はどんどん成熟します。

 

 

赤血球には細胞核がありません。

 

 

赤芽球の核は、未熟なものほど大きい(成熟とともに小さくなり、最後は消滅する)ため、成熟しない赤芽球は巨大なものとなります。

 

 

核が成熟できなかった赤芽球は、赤血球になれずに、壊れてしまいます。

 

 

精子にも同様の症状が…!

 

同じようなことは、赤血球以外にも、免疫細胞、精子、肌細胞でも起こります。

 

そのため、葉酸不足は、免疫力の低下、精子の減少、肌荒れなどの原因にもなります。


妊婦が葉酸を摂るべき理由

葉酸はいつまで飲む

 

葉酸は、DNA合成に欠かせないため、妊娠中の胎児が成長するときには大量に消費します。

 

とくに、妊娠初期に不足すると、お腹の赤ちゃんが二分脊椎(にぶんせきつい)などの神経管閉鎖障害になることがあります。

 

 

二分脊椎とは、脊椎の中に入るはずの脊髄が外に出ているなどする障害です。

 

薬の服用や、ビタミンAの過剰摂取でも起きることがあります。

 

→実は怖い!?ビタミンAの過剰摂取

 

 

妊娠のごく初期がいちばん重要なため、妊娠する3ヶ月前から、毎日400μgの葉酸をとることで、神経管障害が70%予防できるとされています。

 

 

つまり、妊娠してからではなく、妊娠した時に体内にじゅうぶんな葉酸があることが大切なのです。

 

 

葉酸はいつまで飲む?

 

厚生労働省の食事摂取基準では、葉酸の摂取推奨量は、男女とも1日当たり240μgです。

 

そして、妊娠中は+240μg、授乳中は+100μgがすすめられています。

 

つまり、

  • 妊娠中は480μg
  • 授乳中は340μg

が推奨量になります。

 

 

さらに、これとは別に、妊娠予定の女性は、400μgのプテロイルモノグルタミン酸をサプリメントなどから摂ることがすすめられています。

 

サプリメントなどで葉酸を摂取する場合の耐容上限量は、900〜1000μgです。

 

 

以上をまとめると、
葉酸がたくさん必要な時期は、妊活を始めるときから授乳が終わるまでですが、

 

なかでも
妊活を始めて妊娠がわかるまでは、サプリメントも活用したほうがいいといえます。

 

 

妊娠がわかったときには、すでに、妊娠して1ヶ月以上経っていることが多いので、妊娠がわかるまでがいちばん葉酸が必要です。

 

 

葉酸はどれくらい摂れてる?

 

厚生労働省の調査では、20歳以上の葉酸摂取量の平均値は285μgです。

 

1日当たりの摂取推奨量は、240μgですので、妊娠の予定がなければ、じゅうぶんな量ですね。

 

 

けれども、妊娠を意識したら、サプリメントを活用してでも、積極的に葉酸の摂取をこころがけたほうがいいですね。


牡蠣エキスで葉酸は摂れる?

赤ちゃんに牡蠣エキス

 

葉酸はビタミンB9です。

 

ビタミンB群は、動物性タンパク質にも多く含まれています。

 

 

牡蠣エキスの葉酸含有量

 

成分情報が詳しいワタナベオイスターの牡蠣肉エキス錠を参考に見てみます。

 

製品100g中の葉酸の量は138μgです。

 

1粒は450r、1日分は6粒なので
1日分当たりの葉酸含有量は
138μg÷100g×0.45g×6粒=3μgです。

 

あまり多くはないですね。

 

 

けれども、牡蠣エキスに含まれる亜鉛も、胎児の成長に重要なミネラルです。

 

妊娠には、すべての栄養素がバランスよく必要ですので、偏りなく栄養を摂ることをおすすめします。


関連ページ

牡蠣エキスはビタミンAを摂るのにもいい?
ビタミンAは目に影響が大きい栄養素で、不足すると夜盲症になることが知られていますが、過剰摂取もまた危険な栄養素です。そこで今回は、ビタミンAの効果や欠乏症や過剰症、牡蠣エキスの含有量などを調査してまとめました!
牡蠣エキスはビタミンCと一緒に摂るといいのはなぜ?
牡蠣エキスはビタミンCと一緒に摂ると効果がアップするといわれますが、なぜでしょう?また、サプリなどでとっても過剰摂取の心配はないでしょうか?今回は、ビタミンCの効能や摂取量、かんたんにとれる食材などについてまとめています!
ビタミンB6はつわりに効く?
ビタミンB6は、つわりに効果があるといわれている栄養です。ビタミンB群は動物性の食べ物に多い栄養ですが、牡蠣エキスのサプリメントはつわり対策におすすめでしょうか?効果効能や多い食べ物、過剰摂取の副作用や欠乏症についてまとめています。
牡蠣エキスでビタミンB12は摂れる?
ビタミンB12は、神経痛に効くとか、不足すると貧血になるとかいわれていますが、どんな働きをする栄養なのでしょうか?欠乏したときの症状や過剰摂取による副作用はないのか、牡蠣エキスのサプリで摂れるのかなど、ビタミンB12についてまとめています!
牡蠣エキスサプリはビタミンB1摂取にいい?
糖質代謝に重要なことから注目されるビタミンB1。牡蠣エキスサプリでとれるでしょうか?効果効能や欠乏症、過剰摂取した場合の副作用や多く含まれる食品などビタミンB1について徹底的に調査しました。
ビタミンB2の効果効能、欠乏症や副作用は?
ビタミンB2は、代謝に大きくかかわっている栄養です。亜鉛といっしょに働くことの多いビタミンですが、牡蠣エキスでもとれるでしょうか?今回は、ビタミンB2の効果効能、不足したときの欠乏症状や過剰摂取の副作用、多く含む食品などをまとめています!
Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ