牡蠣エキスのサプリはビタミンB6もとれる?

ビタミンB6は、つわりに効果があるといわれている栄養です。ビタミンB群は動物性の食べ物に多い栄養ですが、牡蠣エキスのサプリメントはつわり対策におすすめでしょうか?効果効能や多い食べ物、過剰摂取の副作用や欠乏症についてまとめています。
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスのサプリでビタミンB6もとれる?つわりに効く?

牡蠣エキス,ビタミンB6,つわり,サプリ

 

ビタミンB6のサプリメントは、つわり対策でも注目されていますね。

 

でも、なぜ効くのでしょう?

 

 

ビタミンB6の効果効能や、つわりに効く理由、欠乏したらどうなるのか、過剰摂取しても副作用はないのか、牡蠣エキスはつわりにいいのかなど徹底的に調べました。


ビタミンB6とは?

ビタミンB6は、水溶性ビタミンです。

 

食物に含まれているときの物質としては

  • ピリドキシン(アルコール形)
  • ピリドキサール(アルデヒド形)
  • ピリドキサミン(アミン形)

の3つがあります。

 

これらが体内で、ピリドキサールリン酸に変換されて、ビタミンB6としての働きをします。

 

 

ビタミンB6の働きとは?

 

ビタミンB6(ピリドキサールリン酸)は、補酵素として働くため、非常に役割の多い栄養です。

 

 

アミノ酸の代謝

 

食事からとったタンパク質は、アミノ酸に分解されます。

 

そして、アミノ酸は、別のアミノ酸につくりかえられたり、からだのタンパク質になったりします。

 

こうしたアミノ酸の代謝では、さまざまな体内酵素が働きます。

 

 

ビタミンB6は、補酵素といって、酵素の働きをサポートします。

 

 

糖の代謝

 

糖は、エネルギー源として重要なものです。

 

食事でとった糖質は、グリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えられます。

 

ビタミンB6は、グリコーゲンを分解する酵素の補酵素です。

 

 

また、食事からの糖質の補給が不足したり、からだに蓄えたグリコーゲンが足りなくなると、筋肉などのタンパク質を分解して、糖をつくりだします。

 

これを糖新生(とうしんせい)といいます。

 

ビタミンB6は、糖新生でも補酵素として働きます。

 

 

脂質の代謝

 

余分にとった糖は、脂質として蓄えられます。

 

ビタミンB6は、糖を脂質へと合成したり、脂質を糖へと分解する酵素も助けています。

 

 

セラミドは、お肌の保湿成分として注目されていますが、これも脂質なので、ビタミンB6が欠かせません。

 

 

ビタミンB6がつわりに効くのはなぜ?

 

ビタミンB6がつわりに効く理由

 

つわりの原因やつわりに効く栄養は、明確にはなっていません。

 

ビタミンB6がつわりに有効だといわれる理由としては、代謝の補酵素だからでしょう。

 

 

つわりの症状としては、吐き気嘔吐、食欲不振、味覚の変化などの消化器症状が代表的です。

 

また、マタニティブルーといわれるように、不安になったり、イライラしたりといった精神的な症状もよくみられます。

 

 

ビタミンB6は、タンパク質、糖質、脂質の3大栄養の代謝にまんべんなくかかわっています。

 

そのため、不足することで、栄養バランスが崩れる恐れがあります。

 

 

そして、ビタミンB6が代謝にかかわっているアミノ酸には、神経伝達物質もあります。

  • トリプトファンをセロトニンへと変換したり
  • ジヒドロキシフェニルアラニンをドーパミンに変換したりするのにも

ビタミンB6が欠かせないのです。

 

セロトニンは幸福ホルモンといわれますし、ドーパミンはやる気ホルモンといわれます。

 

 

そのほか、GABA(γ‐アミノ酪酸)、アドレナリン、ノルアドレナリンといった主要な神経伝達物質の合成にも必要です。

 

ビタミンB6はメンタルにも影響が大きいビタミンなのです。

 

 

ビタミンB6が欠乏すると?

 

ビタミンB6は、脂質やタンパク質の代謝にかかわっています。

 

そのため、不足すると、脂漏性皮膚炎、舌炎、口角症など皮膚や粘膜の炎症につながります。

 

 

また、うつなど精神疾患の原因になることもあります。

 

 

そのほか、ホモシステインというアミノ酸の代謝がじゅうぶんできなくなることから、痴ほう症との関係も指摘されています。

 

 

ビタミンB6の過剰摂取の副作用は?

 

普通の食生活では、過剰摂取になることは考えられません。

 

ただし、サプリメントを利用する場合は、大量摂取も可能になります。

 

体内でビタミンB6に変わる物質は、ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンの3つがありますが、このうち、ピリドキシンを長期間にわたって大量摂取した結果、感覚神経に障害がでたという報告もあります。

 

 

ビタミンB6が多い食べ物は?

 

ビタミンB群は、動物性食品に多く含まれています。

 

  • 豚肉、鶏肉、牛肉などの肉類や
  • まぐろ、かつお、いわし、さばなどの魚類に豊富です。

 

植物性の食品では、

  • ピスタチオ、ごま、ひよこ豆など

豆類、ナッツ類に多く含まれています。

 

これらの食べ物には100rあたりに1r前後のビタミンB6が含まれています。

 

 

ビタミンB6の必要な摂取量は?

 

厚生労働省が発表している基準によると
1日当たりの推奨摂取量は

  • 成人男性 1.4r
  • 成人女性 1.2〜1.3r

です。

 

ただし

  • 妊娠中は +0.2r
  • 授乳中は +0.3r

多くとるようにすすめられています。

牡蠣エキスでビタミンB6は摂れる?

牡蠣エキスはつわりにいい

 

牡蠣100gあたりに含まれるビタミンB6は0.1rです。

 

牡蠣100gは、だいたい5個くらいです。

 

0.1rというとあまり多くはありませんね。

 

でも、1日当たりの摂取量が1.5rなら、かなりの量をまかなえることになりますね。

 

 

牡蠣エキスはつわりにいい?

 

妊娠中に推奨摂取量が多くなる栄養は、ビタミンB6だけではありません。

 

亜鉛葉酸も、妊娠中、授乳中は多くとるようすすめられています。

 

亜鉛や葉酸も、ビタミンB6と同じように、さまざまな代謝の補酵素として働いています。

 

 

また、牡蠣にいちばん多く含まれるアミノ酸は、タウリンですが、これも妊娠中、授乳中に多く消費する栄養です。

 

 

亜鉛やタウリンは、赤ちゃんの発育にも重要なので、粉ミルクにも添加されています。

 

 

つわりはお腹の赤ちゃんのためかも?

 

つわりの症状の程度や期間は、人によって違います。

 

多くは、妊娠1か月から安定期に入る5か月くらいまでです。

 

 

私は、症状は重くなかったものの、仕事にいくだけで精一杯で、家ではぐったりしていました。

 

「つわりだなんていいわけで、ただの怠け者なんじゃないか」と自分を責めそうになったころ、急に体が楽になったことを記憶しています。

 

ちょうど5か月、安定期に入る頃でした。

 

 

安定期に入るまでは安静にしていてほしいという赤ちゃんのメッセージが、つわりという形でお母さんに出ているのかもしれないなあ、と思ったりしたものです。


関連ページ

牡蠣エキスはビタミンAを摂るのにもいい?
ビタミンAは目に影響が大きい栄養素で、不足すると夜盲症になることが知られていますが、過剰摂取もまた危険な栄養素です。そこで今回は、ビタミンAの効果や欠乏症や過剰症、牡蠣エキスの含有量などを調査してまとめました!
牡蠣エキスはビタミンCと一緒に摂るといいのはなぜ?
牡蠣エキスはビタミンCと一緒に摂ると効果がアップするといわれますが、なぜでしょう?また、サプリなどでとっても過剰摂取の心配はないでしょうか?今回は、ビタミンCの効能や摂取量、かんたんにとれる食材などについてまとめています!
牡蠣エキスは葉酸サプリとしておすすめ?
妊婦が摂るべき栄養素として注目されている葉酸ですが、そもそも葉酸とはなんでしょう?いつまで飲むのがいいのでしょう?欠乏すると神経障害が出るというけど、過剰摂取の心配はない?牡蠣エキスにはどのくらい含まれているのかなどをまとめました!
牡蠣エキスでビタミンB12は摂れる?
ビタミンB12は、神経痛に効くとか、不足すると貧血になるとかいわれていますが、どんな働きをする栄養なのでしょうか?欠乏したときの症状や過剰摂取による副作用はないのか、牡蠣エキスのサプリで摂れるのかなど、ビタミンB12についてまとめています!
牡蠣エキスサプリはビタミンB1摂取にいい?
糖質代謝に重要なことから注目されるビタミンB1。牡蠣エキスサプリでとれるでしょうか?効果効能や欠乏症、過剰摂取した場合の副作用や多く含まれる食品などビタミンB1について徹底的に調査しました。
ビタミンB2の効果効能、欠乏症や副作用は?
ビタミンB2は、代謝に大きくかかわっている栄養です。亜鉛といっしょに働くことの多いビタミンですが、牡蠣エキスでもとれるでしょうか?今回は、ビタミンB2の効果効能、不足したときの欠乏症状や過剰摂取の副作用、多く含む食品などをまとめています!
Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ