牡蠣エキスでビタミンB12は摂れる?

ビタミンB12は、神経痛に効くとか、不足すると貧血になるとかいわれていますが、どんな働きをする栄養なのでしょうか?欠乏したときの症状や過剰摂取による副作用はないのか、牡蠣エキスのサプリで摂れるのかなど、ビタミンB12についてまとめています!
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスのサプリはビタミンB12の摂取にいい?働きは?欠乏や過剰摂取の症状は?

ビタミンB12の働き

 

ビタミンB12はサプリメントも多く販売されている栄養です。

 

目にいいとか、神経痛に効くとか、疲労回復効果があるなどといわれますが、どんな働きをする栄養なのでしょうか?

 

 

また、牡蠣エキスはビタミンB12の補給にいいでしょうか?


ビタミンB12とは?

ビタミンB12は、コバルトというミネラルを中心としたコバラミンと呼ばれる水溶性ビタミンです。

 

  • シアノコバラミン(代表的なビタミンB12物質)
  • ヒドロキソコバラミン(天然型ビタミンB12)
  • メチルコバラミン(補酵素型ビタミンB12)
  • アデノシルコバラミン(補酵素型ビタミンB12)

があります。

 

 

ビタミンB12は野菜に入ってない?

 

ビタミンというと、野菜や果物に多いというイメージを抱きがちですが、ビタミンB群は動物性食品のほうに多く含まれています。

 

とくに、ビタミンB12は、野菜などにはほとんど含まれていません。

 

 

草食動物は、腸の中にビタミンB12をつくりだす細菌がいるので、そこで合成されますが、人間は、体内で合成できないため、食べ物から摂取する必要があります。

 

肉類を全く食べない菜食主義者の場合は、サプリメントで摂取しなければなりません。

 

 

胃を全摘するとビタミンB12が欠乏するのはなぜ?

 

ビタミンB12は、タンパク質と結合しています。

 

そのため、まず胃酸で結合を外し、そのあと内因子と呼ばれる胃壁から分泌される糖タンパクと結合することで、吸収されます。

 

 

そのため、胃の全摘手術を行うと、ビタミンB12が欠乏することがあります。

 

けれども、肝臓や筋肉などに大量に貯蔵されているため、欠乏症状が出るのは3〜5年先といわれています。

 

胃を切除した場合は、筋肉注射か静脈注射でビタミンB12を補給しなければなりません。

 

 

また、高齢者では、胃酸が少なくなることから、食べ物のたんぱく質からビタミンB12を切り離せず、不足することがあります。

 

その場合は、サプリメントで補えば大丈夫です。

 

 

ビタミンB12の働きとは?

 

ビタミンB12は、葉酸といっしょに働くビタミンです。

 

正常な赤血球をつくったり、遺伝物質であるDNAをつくるのに必要です。

 

そのほか、神経の働きを正常に保つのにも必要です。

 

 

ビタミンB12の欠乏症とは?

 

ビタミンB12または葉酸が不足すると、赤血球が成熟できずに、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)という悪性貧血の原因になります。

 

(赤血球は、成熟するとともに、小さくなっていくのです。
 詳細は、葉酸のページで紹介しています)

 

悪性といっても、ビタミンB12を補給すれば大丈夫です。

 

 

また、手足がチクチクしたり、感覚がなくなるなどの神経症状が出ることもあります。

 

とくに高齢者は、貧血の症状がなく、神経症状が出ることも多いそうです。

 

 

ビタミンB12の過剰摂取による副作用は?

 

ビタミンB12を吸収するには、胃壁の細胞から分泌される内因子という糖タンパクが必要です。

 

つまり、ビタミンB12の必要量に応じて内因子が分泌が調整されるのです。

 

余剰のビタミンB12は吸収されず、排泄されるので、過剰摂取による副作用を心配する必要はありません。

 

 

ビタミンB12が多く含まれている食品は?

 

ビタミンB12が多い食品

 

ビタミンB12は、動物性食品全般に多く含まれています。

 

特に多いのは

  • しじみ・あさり・あかがい・ほっきがい・牡蠣など貝類
  • イワシ・さば・サンマなど青魚類
  • 魚の肝・動物のレバー
  • イカ・タコなどの干物や佃煮

などです。

 

これらの食品100gあたりに10μg(マイクログラム)以上のビタミンB12が含まれています。

 

 

ビタミンB12の摂取量は?

 

厚生労働省の食事摂取基準によると
ビタミンB12の1日当たりの摂取推奨量
成人男性・成人女性ともに 2.3〜2.5μgです。

 

 

とくべつにビタミンB12が多い食品を意識しなくても、肉や魚を普通に食べていたら、じゅうぶん摂取できます。

牡蠣エキスサプリはビタミンB12の補給にいい?

ビタミンB12サプリ

 

牡蠣は100gあたりに28.1μgのビタミンB12を含んでいます。

 

100gは大きめの牡蠣で約5個分です。

 

 

牡蠣は、ビタミンB12をじゅうぶんに摂れる食材ですので、牡蠣エキスサプリはビタミンB12の補給にもいいですね。

 


関連ページ

牡蠣エキスはビタミンAを摂るのにもいい?
ビタミンAは目に影響が大きい栄養素で、不足すると夜盲症になることが知られていますが、過剰摂取もまた危険な栄養素です。そこで今回は、ビタミンAの効果や欠乏症や過剰症、牡蠣エキスの含有量などを調査してまとめました!
牡蠣エキスはビタミンCと一緒に摂るといいのはなぜ?
牡蠣エキスはビタミンCと一緒に摂ると効果がアップするといわれますが、なぜでしょう?また、サプリなどでとっても過剰摂取の心配はないでしょうか?今回は、ビタミンCの効能や摂取量、かんたんにとれる食材などについてまとめています!
牡蠣エキスは葉酸サプリとしておすすめ?
妊婦が摂るべき栄養素として注目されている葉酸ですが、そもそも葉酸とはなんでしょう?いつまで飲むのがいいのでしょう?欠乏すると神経障害が出るというけど、過剰摂取の心配はない?牡蠣エキスにはどのくらい含まれているのかなどをまとめました!
ビタミンB6はつわりに効く?
ビタミンB6は、つわりに効果があるといわれている栄養です。ビタミンB群は動物性の食べ物に多い栄養ですが、牡蠣エキスのサプリメントはつわり対策におすすめでしょうか?効果効能や多い食べ物、過剰摂取の副作用や欠乏症についてまとめています。
牡蠣エキスサプリはビタミンB1摂取にいい?
糖質代謝に重要なことから注目されるビタミンB1。牡蠣エキスサプリでとれるでしょうか?効果効能や欠乏症、過剰摂取した場合の副作用や多く含まれる食品などビタミンB1について徹底的に調査しました。
ビタミンB2の効果効能、欠乏症や副作用は?
ビタミンB2は、代謝に大きくかかわっている栄養です。亜鉛といっしょに働くことの多いビタミンですが、牡蠣エキスでもとれるでしょうか?今回は、ビタミンB2の効果効能、不足したときの欠乏症状や過剰摂取の副作用、多く含む食品などをまとめています!
Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ