牡蠣エキスはビタミンの摂取にもいい?

牡蠣エキスは、ミネラルが豊富なだけでなく、ビタミンA、B群、葉酸、C、D、Eなど各種ビタミンも含んでいます。そんな牡蠣エキスの成分を徹底的に調査して、わかりやすく詳しく解説しています!
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスはビタミンの摂取にもいい?記事一覧

ビタミンAを多く含むのは緑黄色野菜。と思ったら大間違い!…とまではいいませんがうなぎに多いといわれるように、じつは、レバー、乳製品、卵、魚介類など動物性食品にもビタミンAは多いんです。

牡蠣エキスは、ビタミンCと一緒に摂るといいとよくいわれます。でも、なぜでしょう?また、水溶性ビタミンなので過剰摂取の心配もないとききますが、本当でしょうか?そもそも、ビタミンCにはどんな効能があるのでしょうか?

妊婦が葉酸欠乏症になると、おなかの赤ちゃんに神経障害が出るとして、厚生労働省も注意喚起している栄養素。でも、そもそも葉酸とはなんでしょうか?妊娠中のいつまで飲むのがいいのでしょう?牡蠣エキスには、どのくらい葉酸が含まれているのでしょうか?

ビタミンB6のサプリメントは、つわり対策でも注目されていますね。でも、なぜ効くのでしょう?ビタミンB6の効果効能や、つわりに効く理由、欠乏したらどうなるのか、過剰摂取しても副作用はないのか、牡蠣エキスはつわりにいいのかなど徹底的に調べました。

ビタミンB12はサプリメントも多く販売されている栄養です。目にいいとか、神経痛に効くとか、疲労回復効果があるなどといわれますが、どんな働きをする栄養なのでしょうか?また、牡蠣エキスはビタミンB12の補給にいいでしょうか?

牡蠣は、亜鉛やタウリンが多いだけでなく、ビタミンB群も豊富。ビタミンB1はどんな栄養なのか、効果や副作用、多く含まれている食べ物などについてまとめています。

亜鉛とともに代謝に重要なビタミンB2。効果や効能、不足したときの欠乏症や過剰摂取したときの副作用のほか、牡蠣エキスで摂れるのかどうかなどまとめています。

Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ