牡蠣エキスに含まれるカリウムとはどんな栄養?

牡蠣エキスにはカリウムも含まれています。カリウムはどんな栄養なのか、体の中でどんな働きをするのか、1日にどれぐらい摂るといいのか、摂りすぎるとどんな副作用があるのか、牡蠣エキスにはどれくらい含まれているのかなど徹底調査してまとめています!
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスの成分「カリウム」の役割や働きをわかりやすく解説!

牡蠣エキス,カリウム

 

カリウムは、血圧を下げる栄養として知られていますね。

 

カリウムは、野菜や果物に多いといわれていますが、細胞内に含まれているミネラルですので、赤身の肉や魚介類にも多く含まれています。


カリウムの働きとは?

 

カリウムは、血圧を下げる働きがあるといわれます。

 

それは、ナトリウムとの相互作用で、体内の水分量を調節しているからです。

 

 

塩分(ナトリウム)を排出

 

カリウムは、体内では、98%が細胞の中に存在しています。

 

細胞の内側にはカリウムがたくさんあり、細胞の外側の間質液にはナトリウムがたくさんあります。

 

 

細胞内では、カリウムとナトリウムは10:1くらいの割合で存在しています。

 

 

ナトリウムの割合が高くなっても、食事でカリウムが取り込まれれば、動脈から送り込まれたカリウムは、すみやかに細胞内に取り込まれます。

 

 

このとき、よぶんなナトリウムが排泄されるので、カリウムはナトリウムを減らす効果があるのです。

 

 

水分の調節

 

カリウムは、ナトリウムとともに体内の水分調節に働きます。

 

細胞の中の水分量は常に一定に保たれますので、体の水分量の増減は、細胞の外側だけです。

 

 

細胞の外の水分は、血液と間質液(細胞と細胞の隙間の液体)です。

 

間質液の量は、血液の量に影響されますので、血液の量の調整が、体内水分量の調整につながります。

 

 

からだは、水分のナトリウムの濃度を一定に保つようにしています。

 

よぶんなナトリウムが少なくなれば、水分も少なくなるので、ナトリウムを排出するカリウムは、むくみの改善に効果があるのです。

 

 

カリウム不足は夏バテの原因!

 

血液中など、細胞の外に存在しているカリウムは、ごくわずかです。

 

けれども、血中カリウム濃度はとても重要です。

 

 

カリウムは、浸透圧の調整のほか、筋肉の収縮、神経の情報伝達などに必要です。

 

 

低カリウム血症になると、筋力低下や便秘、嘔吐、けいれんなどが起きるほか、重症になると自律神経失調症や不整脈、呼吸困難などにつながります。

 

カリウムは、普通の食事をしていれば不足することはない栄養素ですが、大量に汗をかくと、汗とともにカリウムが失われてしまいます。

 

 

低カリウム血症は、夏バテの原因の一つです。

 

→カリウム不足の詳細はこちら

 

アシスラ

 

カリウムの摂りすぎによる副作用は?

 

カリウムは、よぶんにとっても排泄されてしまうため、健康な人であれば、過剰摂取による副作用はありません。

 

 

けれども、腎不全など腎臓の機能が衰えていると、カリウムの排泄がうまくいかなくなり、高カリウム血症になることがあります。

 

 

高カリウム血症になると、吐き気や嘔吐などの胃腸の不調、しびれや脱力感などの筋肉症状、知覚過敏など神経症状、不整脈など心臓疾患といった低カリウム血症と同じような症状が出ます。

 

 

多すぎても少なすぎてもよくないのですね。

 

そのため、腎機能が弱っている方は、お医者さまから食事療法としてカリウム制限を指示されたりします。

牡蠣エキスに含まれているカリウム量は?

 

牡蠣エキスのサプリメントでは、カリウムの量まで記載されているものはなかなかありません。

 

そんななか、ワタナベオイスターの牡蠣肉エキス錠では、こまかい成分表示がされていました。

 

 

渡辺オイスターの牡蠣エキスの場合ですと
製品100g中のカリウム量は800r(0.8g)となっています。

 

 

1粒が450r(=0.45g)で1日分が6粒ですので
サプリメント1日分に含まれるカリウム量は
0.8g÷100g×0.45g×6粒=0.0216g
つまり、21.6mgですね。

 

 

ちなみに牡蠣100g当たりのカリウム含有量は190rです。

 

牡蠣の可食部の重さは、
・大き目のもので1粒20g
・小さいものは 1粒10g〜
です。

 

牡蠣100gは、牡蠣5〜10個ぐらいと思ったらいいですね。

関連ページ

牡蠣エキスは鉄分の補給にもいい?
牡蠣エキスは鉄分補給にもいいでしょうか?今回は、鉄分の効果、吸収率の高い食材、牡蠣エキスの含有量、亜鉛との違いや不足したときの症状、鉄鍋の安全性、そして、実はコワい過剰摂取の副作用などを徹底的に調査してまとめました!
牡蠣エキスは亜鉛サプリよりなぜいいの?
牡蠣は、いちばん亜鉛が多い食べ物なので、牡蠣エキスは、亜鉛を摂取するのに最適なサプリとして注目されています。亜鉛サプリと牡蠣サプリ、どちらがいいのか、効果や過剰摂取による副作用、口コミや牡蠣エキスの含有量など徹底的に比較しています!
銅不足にならない亜鉛サプリなら牡蠣エキス!
亜鉛をサプリなどで補給する場合、心配されるのが銅不足。でも、牡蠣エキスなら大丈夫。亜鉛が多いだけでなく、銅など必須ミネラルの全てを含んでいるのです。今回は、銅の効果や副作用、1日に必要な摂取量や牡蠣エキスの含有量など徹底調査してまとめています!
セレンをサプリでとるのは危険!?
精力剤に多く含まれているセレン。でも、実は、サプリでとるのは危険なミネラルなのです。セレンの効果や副作用、1日当たりの摂取量や牡蠣エキスの含有量など徹底的に調査してまとめています!
牡蠣エキスのマグネシウムは便秘秘改善に効果ある?
マグネシウムは便秘に効くといわれているミネラルですが、牡蠣エキスの含有量はどのくらいでしょうか?また、どんな食品に多く含まれているのでしょう?そのほかマグネシウムの効果や過剰摂取による副作用などをまとめ、詳しく解説しています。
Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ