牡蠣エキスに含まれるミネラルの効能とは?

牡蠣エキスは、亜鉛が摂れるだけでなく、すべての必須ミネラル、必須アミノ酸、ビタミン各種のほか、タウリン、グリコーゲンなど健康な体に必要な栄養成分が豊富です。そんな牡蠣エキスの成分を徹底的に調査して、わかりやすく詳しく解説しています!
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスに含まれているミネラルとは?ミネラルの働きを徹底解説!記事一覧

カリウムは、血圧を下げる栄養として知られていますね。カリウムは、野菜や果物に多いといわれていますが、細胞内に含まれているミネラルですので、赤身の肉や魚介類にも多く含まれています。

牡蠣エキスは、亜鉛が多いことで知られていますが、鉄分補給にもいいでしょうか?そこで、鉄分について、効果や補給のための食材や鉄器、亜鉛との違いや牡蠣エキスの含有量、そして過剰摂取による副作用などを調べました。

日本人の3人に1人は亜鉛不足といわれています。鉄分やカルシウムほど注目されていませんが「隠れ亜鉛不足」は意外と多いかも。

銅は、動物や植物にとって重要な栄養素です。でも、鉄分のように注目されていませんね。それは、必要量がごくわずかなうえ、鉄分と同じように肝臓で貯蔵されるため、普通に生活していたら、不足することはまずなく、むしろ過剰摂取のほうが心配されるからなんです。

精力サプリでよく見かけるセレン。ギリシャ神話の月の女神セレネが名前の由来ですが、これは周期表の位置からつけられたもの。化学元素の周期表で、地球という意味のテルルという元素の上に来る元素だったため、地球の上だから、月、ということらしいです。化学元素の名前は天体に由来したものはほかにあり、天王星ウラノスからウラン、海王星ネプチューンからネプツニウム、冥王星プルートーからプルトニウムなどもそうですね。

マグネシウムは便秘を改善する効果があるといわれていますね。牡蠣エキスは亜鉛以外のミネラルも豊富。マグネシウムも含まれています。今回は、マグネシウムについて、くわしく解説します。

Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ