牡蠣エキスと尿酸値

牡蠣エキスは、肝臓のサポートになるとか、血圧や血糖値が高い人にいいなど、生活習慣病が心配な人に最適ですが、尿酸値についてはどうでしょうか?牡蠣はプリン体が多いからよくないのか、ほかの成分が尿酸値の改善に働くのか、徹底的に調査してまとめました!
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスは尿酸値を上げる?下げる?尿酸値を下げる食品とは?

牡蠣エキス,尿酸値

 

尿酸値は、血圧や血糖値と同様、生活習慣病の目安です。

 

 

牡蠣エキスは、亜鉛やタウリンが多いことから、生活習慣病が気になる人に飲まれていますが、尿酸値についてはどうでしょうか?


尿酸とは?

尿酸とは

 

尿酸は、プリン体が分解されたときにできるもの。

 

 

そのため、一昔前までは、尿酸値が高い人は、プリン体が多い食品をとらないように、といわれていました。

 

 

けれども、このプリン体、食品から摂取する量は少ないのです。

 

 

プリン体は、わたしたちの体を構成している細胞の中のDNAなど核酸やエネルギー物質であるATP(アデノシン3リン酸)を分解したときにできるものです。

 

 

つまり、新陳代謝や活動によってつくりだされているのです。

 

 

食品由来のプリン体が8割、核酸やATP由来のプリン体が8割といわれています。

 

 

尿酸は抗酸化物質ってホント?

 

尿酸は抗酸化物質

 

尿酸は、実はかならずしも悪いものではありません。

 

ビタミンCよりも強力な抗酸化物質でもあるのです。

 

 

哺乳動物のほとんどは、尿酸を分解する酵素を持っています。

 

そして、ビタミンCを体内で合成することができます。

 

 

これに対して、人間を含む霊長類の多くは、ビタミンCをつくれません。

 

そして、尿酸を分解することができません。

 

 

尿酸は活性酸素を消去する作用があるのです。

 

 

わたしたちは、尿酸を獲得したことによって、寿命が長くなっているのです。

 

 

そのため、尿酸値が低い低尿酸血症の場合も治療が必要になります。

 

 

ただし、活性酸素もゼロになればいいというわけではなく、尿酸と活性酸素はバランスよく存在する必要があります。

 

 

活性酸素が多すぎても尿酸が多すぎても、酸化ストレスや炎症が起きてしまうのです。

 

 

尿酸値が高いとどんな病気になる?

 

痛風

 

尿酸値が高い状態、高尿酸血症がつづくと痛風になるということは、ほとんどのかたがご存知でしょう。

 

 

尿酸は、ふつうは、血液の中に溶けています。

 

 

けれども、濃度が高くなると溶けることができなくなって、血液の中で結晶化します。

 

 

結晶化して固体になった尿酸は、関節などに付着します。

 

 

そして、これが、運動などをきっかけにはがれると、白血球が異物として攻撃します。

 

 

その結果、激しい激痛を伴う炎症が起きるのです。

 

 

また、血液中に尿酸が多いということは、尿中にも尿酸が多くなります。

 

 

腎臓、尿管、膀胱、尿管といった尿路で結晶化、沈着が起きると、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿管結石といった尿路結石をひきおこすこともあります。

 

 

とくに腎臓に尿酸が沈着すると、腎臓の働きが低下して、腎不全になるおそれもあります。


尿酸値を下げるには?

尿酸が、新陳代謝や運動の結果、つくられるものだからといって、新陳代謝や運動をやめるわけにはいきません。

 

 

むしろ、適度の運動は健康のためによく、新陳代謝が活発であるということは元気な証拠です。

 

 

じっさい、尿酸値が上がる理由は、体内で尿酸が作られる量が増えるからではなく、排泄がうまくいかなくなっているからなのです。

 

 

つまり、尿酸をとりこまないようにすることより、尿酸を出すことに注目すべきなのです。

 

 

水分をしっかり!

 

いちばん重要なのは水分です。

 

 

わたしたちの体の60%は水です。

 

 

赤ちゃんは75%、老人は50%と、年齢とともに少なくなります。

 

 

じゅうぶんな水分があることによって、細胞は活性化し、新陳代謝が活発になり、尿が濃くなることも防げます。

 

 

血液サラサラのために、いちばん重要なのは水です。

 

 

水はいちばんの栄養です。

 

 

体重によって変わりますが、1日2リットル以上の水分が必要といわれます。

 

 

日本茶や紅茶など利尿作用のあるお茶は、水分をよけいに排泄して、尿を濃くして染むため、麦茶など利尿作用のないお茶やミネラルウォーターなどがおすすめです。

 

 

乳製品を適量とる!

 

牛乳、チーズ、ヨーグルトなど乳製品は、尿酸の排泄を促す働きがあります。

 

牛乳なら1日コップ1杯程度をとりましょう。

 

 

ただし、カルシウムの摂りすぎは、動脈硬化や骨粗しょう症の原因になります。

 

不思議なことなのですが、カルシウムの過剰摂取は、かえって骨粗しょう症を招くのです。

 

また、過剰なカルシウムは、動脈に必要以上に吸収されてしまい、血管が硬くなってしまいます。

 

 

コーヒーが尿酸値を下げる?

 

コーヒーを飲むと、尿酸値が下がることが、実験によって確かめられています。

 

 

けれども、まだ、コーヒーのどの成分がいいのかはわかっていません。

 

カフェインでないことだけは確かです。

 

 

糖分は、尿酸値を上げますので、ブラックかお砂糖少な目で飲みましょう。

 

たくさん飲めばいいというものでもありませんので、1日2、3杯が目安です。

 

牛乳とブレンドして、カフェオレでもいいですね。

 

 

野菜、海藻、きのこ類

 

野菜、海藻、きのこ類は、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富です。

 

 

食物繊維は、血糖値の急上昇を抑えてくれますし、ビタミン、ミネラルは、糖質、脂質、タンパク質の分解や排泄にかかせません。

 

 

干しシイタケがは、プリン体が非常に高い食品ですが、きのこ類のプリン体は、尿酸値を上昇させないことが判明しています。

 

 

また、海藻やキノコ類は、アルカリ性の食品です。

 

 

尿の酸性度が高くなるほど、尿酸が溶けにくくなるので、アルカリ性食品は、尿酸の排泄を促す食材といえます。

尿酸排泄にNGの食材とは?

お酒はすべてNG!

 

アルコールは、尿酸値の上昇を促します。

 

 

プリン体ゼロのビールならいいとか、プリン体が少ないワインなら大丈夫とかいわれますが、そんなことはありません。

 

 

アルコールで尿酸が増える!

 

アルコールは肝臓で分解されますが、このときに尿酸がつくられます。

 

そのため、お酒を飲むと尿酸値は上がります。

 

 

アルコールは尿酸の排出をじゃまする!

 

アルコールを肝臓で分解するときには、尿酸以外に乳酸もつくられます。

 

乳酸は、尿酸の排出を阻害します。

 

 

脱水作用で水分が減る!

 

アルコールには利尿作用があるといわれますが、それは、アルコールの分解には、大量の水が使われるためです。

 

 

尿としてでていく水分が多くなってしまう結果、尿酸は濃縮されて、尿酸値が上がります。

 

 

ビールよりアルコール度数が高いお酒では、アルコールを分解するための水分がお酒の液体だけでは足りません。

 

 

必ずチェイサーを飲みましょう。

牡蠣エキスは尿酸値を上げる?下げる?

牡蠣は、比較的プリン体が多い食品です。

 

 

けれども、ミネラルやビタミン、タウリンやアミノ酸など、からだの代謝を促進する成分も豊富です。

 

 

プリン体の摂りすぎでも尿酸値は上昇しますが、それ以上に問題なのは、ストレスや肥満です。

 

 

ビタミン、ミネラルは糖質や脂質の代謝に必要で、不足すると、血糖値の上昇や中性脂肪の増加など、肥満の原因になります。

 

 

また、亜鉛などのミネラルの不足は、自律神経の衰弱につながり、ストレスに弱い体質の原因となります。

 

 

カロリーを抑えて、ビタミン、ミネラルを効率よく摂取するのに、牡蠣エキスはうってつけです。

関連ページ

牡蠣エキスはなぜ肝臓にいいの?
牡蠣エキスは肝臓にいいという話をよく聞きますね。そこで、牡蠣エキスがなぜ肝機能の改善に効果があるのか、そもそも肝臓はどんな働きをしているのか、牡蠣にはどんな栄養があるのかを徹底的に解説いたします!
牡蠣エキスが脂肪肝に効くのはなぜ?
牡蠣エキスの口コミでは、脂肪肝が改善したという話をよく聞きます。そこで、牡蠣エキスのどんな成分に効果があるのか、そもそも脂肪肝とはなんなのか、徹底的に解説いたします!内臓脂肪ではありませんし、痩せているからといって安心できませんよ!
牡蠣エキスの二日酔いへの効果とは?
お酒を飲みすぎた翌朝の頭痛、吐き気、倦怠感、ムカムカなど二日酔いはつらいもの。牡蠣エキスは二日酔いに効果があるのか、そもそも悪酔いはなぜ起きるのか、深酒による気分の悪さを解消するにはどうしたらよいのかを徹底解説いたします!
癌に対する牡蠣エキスの実験結果とは?
日本人の死亡原因の1位は癌。牡蠣エキスは癌にも効果があるのでしょうか?牡蠣エキスと癌の関係を調査した実験はあるのでしょうか?その結果はどうなのでしょうか?
Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ