牡蠣エキスの二日酔いへの効果

お酒を飲みすぎた翌朝の頭痛、吐き気、倦怠感、ムカムカなど二日酔いはつらいもの。牡蠣エキスは二日酔いに効果があるのか、そもそも悪酔いはなぜ起きるのか、深酒による気分の悪さを解消するにはどうしたらよいのかを徹底解説いたします!
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスは二日酔いへの対処になる?悪酔い防止効果がある?

牡蠣エキス,二日酔い

 

お酒を飲みすぎた翌日の辛い二日酔い。

 

毎度、同じ後悔をするのに、つい飲みすぎてしまう愚かな自分に自己嫌悪。

 

しかも、年齢とともにアルコールに弱くなった気がする…。

 

 

牡蠣エキスは、二日酔い対策にいいというけど、本当なのでしょうか?

 

そもそも、なぜ二日酔いは起きるのでしょうか?

 

 

二日酔いは、なぜ起きる?

 

二日酔いの予防や解消のためには、二日酔いが起きる理由を知る必要があります。

 

原因やメカニズムがわかってこそ、対処もできるからです。

 

 

二日酔いとは、悪酔いの症状が、翌日になって起きること。

 

ようは、自分のアルコール代謝能力以上に飲酒してしまったことが原因です。

 

 

アルコール代謝とは?

 

アルコールは、アルコール分解酵素によりアセトアルデヒドに分解され、さらに、アセトアルデヒド分解酵素により、酢酸へと分解され、最終的に水と二酸化炭素に分解されます。

 

 

アセトアルデヒドは、発がん性がある、毒性が非常に高い物質で、このアセトアルデヒドが二日酔いを引き起こしています。

 

 

二日酔いになることが多いと、発がんリスクが高まります。

 

 

日本人は二日酔いになりやすい?

 

悪酔い

 

お酒に強い人と弱い人がいますね。

 

 

それは、アセトアルデヒド分解酵素の代謝能力には、体質により、個人差があるためです。

 

 

ヒトは、基本的には、アセトアルデヒド分解酵素の働きが活発な「活性型」です。

 

けれども、日本人を含むモンゴロイドの5割は、アセトアルデヒド分解酵素の働きが弱い「低活性型」か、まったく働かない「失活型」だといわれています。

 

 

「失活型」だと、お酒がまったく飲めませんし、「低活性型」のかたが、お酒に強くなることもありません。

 

少量の飲酒でも悪酔いするタイプのかたは、飲酒を控えましょう。


牡蠣エキスは二日酔いになぜいいの?

二日酔い予防

 

牡蠣は、亜鉛をはじめとしたミネラルやビタミンB群を中心としたビタミン類のほか、タウリン、グリコーゲンが豊富な食材です。

 

これらは、どのように、アルコール代謝とかかわりがあるのでしょうか?

 

 

牡蠣エキスの二日酔いに有効な成分とは?

 

昔から、肝臓に良いといわれる牡蠣エキス

 

どんな成分がアルコールと関係が深いのでしょうか?

 

 

亜鉛

 

亜鉛は、アルコール分解酵素・アセトアルデヒド脱水酵素の材料の一つ。

 

 

だから、お酒を飲むと、亜鉛が大量に消費され、尿と一緒に排出されてしまいます。

 

そのため、お酒を飲むときには、普段より、亜鉛がたくさん必要になります。

 

 

また、亜鉛は、細胞の再生に不可欠なミネラル。

 

アルコール処理で傷ついた肝細胞の修復にも欠かせません。

 

 

しかも、加齢とともに、食べ物からのミネラルの吸収力は衰えています。

 

若いころに比べてお酒が弱くなったと感じている方は、亜鉛が不足している可能性が高いです。

 

 

亜鉛欠乏からアルコール依存へ!

 

亜鉛が欠乏していると、体は、さらにアルコールを求めます。

 

アルコール依存症

アルコールで亜鉛不足、亜鉛不足でアルコールを求め、さらに亜鉛不足になるという負のスパイラルに陥ると、アルコール依存症へまっしぐらです。

 

 

 

タウリン

 

タウリンは、二日酔いの原因である、アセトアルデヒド分解酵素を活性化する働きがあるという研究結果があります。

 

 

また、アルコールによって傷ついた肝臓の修復をサポートする働きもあります。

 

 

そのほかにも、タウリンは、脂肪肝の改善など、肝機能の回復に効果があることがさまざまな研究によって明らかになっています。

 

 

グリコーゲン

 

グリコーゲンは、肝臓で、糖分からつくられる貯蔵物質。

 

 

アルコール分解には、糖分も必要になるため、グリコーゲンが消費されます。

 

 

けれども、アルコールを摂取している間、肝臓は、アルコールの処理にかかりっきりになるため、あらたにグリコーゲンをつくることができません。

 

 

ビタミンB1

 

悪酔いの原因、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド分解酵素で分解されます.

 

 

けれども、たくさんお酒を飲むと、これだけでは処理がおいつきません。

 

飲みすぎ

 

そのときには、違う方法(ミクロソーム・エタノール酸化系回路)でも分解されます。

 

 

このときにビタミンB1が消費されます。

 

 

牡蠣エキスは、いつ飲む?

 

アルコールにより失われる栄養素は、上記のほかにも

  • カリウム
  • ナトリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • クロム

といったミネラルや

  • ビタミンA
  • 葉酸(ビタミンB9)
  • ビオチン(ビタミンB7)
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE

など、たくさんあります。

 

 

飲酒すると、ビタミン・ミネラルが多く消費されると同時に、飲酒時には、ビタミン・ミネラルの吸収が衰えるためです。

 

 

二日酔い予防には、牡蠣エキスは、普段の量にプラスして、飲む前と飲んだ後、両方飲むのがおすすめです!

 


二日酔いを速やかに解消するには?

二日酔い

 

分解しきれなかったアセトアルデヒドを速やかに分解して、二日酔いから脱するには、どんな栄養を摂るべきでしょうか?

 

 

二日酔い時に摂りたい栄養素とは?

 

水分

 

お酒を飲むと、トイレの回数が増えますね。

 

それは、アルコールには、利尿作用があるからです。

 

 

アルコールの代謝には、水分がたくさん必要です。

 

 

ビールより濃度が高いお酒を飲むと水分が足りない!

 

1.2Lのビールに含まれるアルコールは約50g。

 

これに対して必要な水は600ml〜1L

 

ビール

 

ビールであれば、アルコール代謝に必要な水分は、まかなえます。

 

酒豪の中には、チェイサーに水でなく、ビールを飲む人もいますが納得ですね。

 

 

けれど、ワイン、焼酎、日本酒、ウイスキーなど、ビールよりアルコール度数が高いお酒では、お酒に含まれる水分では、アルコール代謝に足りません。

 

アルコール度数の高いお酒

 

度数が高いお酒を飲むときには、アルコール以外の水分をとらないと、脱水症状を起こします。

 

二日酔いにも、まっさきに水分補給です。

 

 

ナトリウム

 

飲酒時には、ナトリウムも多く失われます。

 

〆のラーメンや、翌朝のお味噌汁が美味しく感じられるのは、このためです。

 

ナトリウム不足は、頭痛や吐き気を引き起こします。

 

 

マグネシウム

 

ビタミンB1の代謝に必要なマグネシウムもアルコールで失われます。

 

マグネシウムは、血流や血圧の安定にかかわっているため、不足すると血流が悪くなります。

 

マグネシウムが不足すると、血流不足から、記憶力が落ちたり、体に疲れを感じたり、だるさ、腹痛、下痢や便秘などさまさまな体調不良の原因になります。

 

 

カリウム

 

マグネシウムが不足すると、カリウムも不足するようになります。

 

カリウムが不足すると、足がつったり、食欲が落ちたりします。

 

 

糖分

 

アルコール誘発性低血糖症は、二日酔いの疲労原因の一つです。

 

二日酔い症状の緩和には、糖分も必要です。

 

 

二日酔いにはスポーツドリンク&牡蠣エキス!

 

二日酔いにはスポーツドリンク

 

ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクは、水分、ミネラル、ビタミンが同時に摂れます。

 

 

そこに、牡蠣エキスで、スポーツドリンクで補いきれないビタミン・ミネラルを補うとともに、アミノ酸やタウリンも摂ることができます。

 

 

対症療法には鎮痛薬!

 

なかなかとれない頭痛には、ロキソニンなどの鎮痛薬で応急処置。

 

でも、これは、痛みを感じなくしているだけの対症療法。

 

 

原因であるアセトアルデヒドの分解にはつながりません。

 

 

むしろ、薬剤はアルコール以上に肝臓に負担がかかります。

 

 

薬に頼らないで済むように、飲酒はほどほどにしましょうね。

 

 

牡蠣エキスでお酒と人生を謳歌♪

 

牡蠣エキスを飲むと、お酒が美味しくなります!

 

 

それだけでなく、亜鉛などの栄養不足が解消することで、お酒を飲まなくても楽しく過ごせるようになりますよ。


関連ページ

牡蠣エキスはなぜ肝臓にいいの?
牡蠣エキスは肝臓にいいという話をよく聞きますね。そこで、牡蠣エキスがなぜ肝機能の改善に効果があるのか、そもそも肝臓はどんな働きをしているのか、牡蠣にはどんな栄養があるのかを徹底的に解説いたします!
牡蠣エキスが脂肪肝に効くのはなぜ?
牡蠣エキスの口コミでは、脂肪肝が改善したという話をよく聞きます。そこで、牡蠣エキスのどんな成分に効果があるのか、そもそも脂肪肝とはなんなのか、徹底的に解説いたします!内臓脂肪ではありませんし、痩せているからといって安心できませんよ!
牡蠣エキスを飲むと尿酸値は上がる?下がる?
牡蠣エキスは、肝臓のサポートになるとか、血圧や血糖値が高い人にいいなど、生活習慣病が心配な人に最適ですが、尿酸値についてはどうでしょうか?牡蠣はプリン体が多いからよくないのか、ほかの成分が尿酸値の改善に働くのか、徹底的に調査してまとめました!
癌に対する牡蠣エキスの実験結果とは?
日本人の死亡原因の1位は癌。牡蠣エキスは癌にも効果があるのでしょうか?牡蠣エキスと癌の関係を調査した実験はあるのでしょうか?その結果はどうなのでしょうか?
Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ