牡蠣エキスと更年期障害

牡蠣エキスは更年期障害対策にもよく飲まれています。そこで、どんな効果が期待できるのか、飲んでいる方の口コミを調べるとともに、更年期障害の原因や症状、牡蠣エキスのどんな成分で楽になるのか、副作用はないのかなどを徹底調査いたしました!
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスで更年期障害が楽になるってホント?副作用は大丈夫?

閉経前後の女性を襲う、辛い更年期障害。

 

牡蠣エキスは、更年期障害をのりきるのにも有効です。

 

 

更年期障害とは?

 

更年期とは、女性の場合、閉経の前後10年間ほどの時期です。

 

 

日本人女性の場合は、閉経は50歳前後の方が多いので、40代後半から50代前半のアラフィフ世代になりますね。

 

 

この時期に起きるさまざまな不調を、更年期障害といいます。

 

 

更年期障害の症状は?

 

更年期障害でよくみられる症状は、

  • 顔のほてり、のぼせなどのホットフラッシュ
  • 冷え、発汗
  • 動機、胸の痛み
  • 手足のしびれ
  • 頭痛、めまい、立ちくらみ
  • 肩こり、腰痛
  • 不眠、うつ
  • 不安、イライラ
  • 生理不順、不正出血

などです。

 

 

血液の流れや、呼吸など、からだの巡りにかかわる症状が多いですね。

 

 

これらは、自律神経によってコントロールされているため、自分の意志ではどうにもできない部分です。

 

 

更年期障害の原因は?

 

更年期障害の原因は、女性ホルモンの減少だといわれています。

 

 

月経と女性ホルモンの関係は?

 

月経は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの働きで起きています。

 

これらのホルモンはどこから分泌されるかというと、卵胞からなんです。

 

 

卵巣の中で待機している卵胞が、脳から出される卵胞刺激ホルモンの刺激を受けて成熟し、成熟した卵胞がエストロゲンを出しているのです。

 

そして、排卵後の卵胞は、黄体に変化し、プロゲステロンを分泌します。

 

 

女性ホルモン減少で脳が疲労する!?

 

けれど、40代の中ごろから、卵巣の機能が衰え始め、卵胞はじゅうぶんに成熟しなくなってきます。

 

卵胞が成熟しないと、エストロゲンがじゅうぶん分泌されません。

 

 

エストロゲンの分泌が少ないと、脳は、卵胞刺激ホルモンをさらに分泌しますが、卵胞はそれに応えられません。

 

 

こうした脳と卵巣との行き違いが、更年期障害のおもな原因といわれています。

 

 

女性ホルモンの減少で自律神経が狂う!?

 

卵胞刺激ホルモンを分泌しているのは脳の下垂体(かすいたい)というところです。

 

この脳の下垂体は、自律神経のコントロールもしています。

 

そのため、エストロゲンの分泌減少により、自律神経の働きにも影響がでるのです。

 

 

更年期障害を楽にする食べ物は?

 

更年期障害を乗り切るのによいといわれる食べ物に、大豆があります。

 

 

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た構造をしています。

 

そのため、大豆を食べると、脳の下垂体に、エストロゲンがあると勘違いさせることができるんですね。

 

 

また、構造が似ているだけでなく、エストロゲンと似たような働きもしてくれます。

 

 

エストロゲンは、卵胞を育てるだけでなく、女性の肌や髪を潤し、骨や血管を丈夫にし、ポジティブな気分にしてくれます。

 

イソフラボンにも似たような効果が期待できるんですね。

牡蠣エキスは更年期障害になぜいいの?

牡蠣エキスには、イソフラボンのような疑似ホルモンはみつかっていません。

 

けれども、ビタミン、ミネラルが豊富で、とくに亜鉛が多く含まれています。

 

 

亜鉛が更年期障害を楽にする?

 

亜鉛は、セックスミネラルとも呼ばれます。

 

エストロゲンなどホルモンの分泌にも欠かせません。

 

 

亜鉛は、300種類以上の体内酵素を助け、食べ物の消化やエネルギー変換、タンパク質合成、自律神経の働きなどに必要です。

 

亜鉛不足になると、肌や髪は荒れ、筋肉も衰え、骨や血管も弱くなります。

 

 

気分を安定させるホルモンであるセロトニンや、睡眠に導くメラトニンをつくるためにも亜鉛が必要です。

 

 

エストロゲンを分泌させようとして、脳は必要以上にホルモンを分泌し、亜鉛を無駄に消費しているかもしれません。

 

 

牡蠣エキスに副作用はない?

 

亜鉛サプリのなかには、吐き気や頭痛などの副作用の口コミがあるサプリメントもみかけたことがあります。

 

(これは、亜鉛のせいというよりも、クロムが多すぎるのではないかと、思います)

 

 

けれども、牡蠣エキスのサプリでは、副作用の口コミというのはとくにみかけません。

 

一度に何十粒も飲んだりすればともかく、一日当たりの摂取量を守っていれば、とくに問題ないでしょう。

 

(牡蠣だって、一度に何十個も食べたらお腹壊しそうですものね)

 

 

むしろ、飲まないと体調が悪くなるので、手放せなくなる人が多いようです。

 

 

牡蠣エキスは総合栄養剤!

 

からだの機能は複雑ですから、亜鉛だけを摂ればいいというわけではありません。

 

その他もミネラルやビタミン、アミノ酸も必要です。

 

 

私も現在、50歳。

 

まだ閉経はしていませんが、生理不順で、胸が痛んだり、手足がしびれたりと、めまぐるしい体調の変化を日々、感じています。

 

 

けれど、牡蠣エキスを飲んでいるおかげか、日常生活に支障が出るほどの不快な症状を感じることなく過ごせています。

 

 

いちばん有難いのは、体が軽くなったこと、熟睡できるようになったことですね。

 

 

牡蠣エキスは、必要な栄養素を総合的にバランスよく摂れるため、更年期障害の不快な症状を乗り越えるチカラを引き出してくれるのだと思います。

Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ