牡蠣エキスはしみそばかすに効くのはなぜ?

牡蠣エキスはしみそばかすを消したい女性にも愛用者が多いサプリです。ビタミンだけでなく、亜鉛も美肌に重要な栄養素。今回は、牡蠣エキスがしみそばかすに効果がある理由や口コミ、美肌におすすめの食べ物をご案内いたします。
MENU
Sponsored Link

牡蠣エキスはしみそばかすに効果ある?どんな栄養素に効果があるの?

牡蠣エキスは美肌効果があるため、しみそばかすがを薄くしたい方にも飲まれているサプリメントです。

 

どんな口コミがあるのか、しみそばかすを消す方法がほかにあるのかなどを調べてみました。

しみそばかすの違いとは?

しみとそばかすは似ているようで実は違います。

 

そばかすは、遺伝的な要素が大きく、一般的に加齢とともに少なくなります。

 

一方、しみは、ニキビなどの肌トラブルや、紫外線、加齢などの要因で後天的にできるものです。

 

 

しみそばかすの共通の敵とは?

 

両方に共通しているのは、紫外線を浴びることで悪化するということです。

 

これは、紫外線によりメラノサイトが活発になるほか、多量の活性酸素によるダメージがターンオーバーを衰えさせるためです。

 

 

ターンオーバーが遅くなると、保湿力が落ち、外部からの刺激にも弱くなってしまうため、紫外線のダメージを一層強く受けるという悪循環に陥ってしまいます。

 

つまり、ターンオーバーの正常化がしみそばかすを薄くする、消すために大切なのです。

シミやそばかすに効く栄養素とは?

シミやそばかすには、システインやビタミンをとるといいといわれています。

 

そして、亜鉛もターンオーバーに重要な栄養素です。

 

 

システインとは?

 

システインは、肌のタンパク質に多いアミノ酸です。

 

システインは、メチオニンというアミノ酸から体内でつくることができるため、必須アミノ酸ではありません。

 

けれども、加齢とともにつくられる量が減少するので、40歳を過ぎたらシステインを含む食べ物を意識的にとったほうがよいでしょう。

 

 

ただし、システインそのものは、あまり食べ物に含まれていません。

 

食べ物には、システインが2つ結合したシスチンが多く含まれています。

 

システインとシスチンは、体内で、相互に簡単に変換されます。

 

 

シスチンが多い食べ物

 

肉類、魚介類、豆や種実類に多いほか、意外にも、めん・パン・コメ(精白米)にも多く含まれています。

 

野菜や果物には少ないので、ダイエットのために野菜中心の食生活をすると、しみそばかすができやすくなります。

 

主食やたんぱく質が多い食品もしっかり摂るように心がけましょう。

 

 

しみそばかすに効くビタミンは?

 

お肌に特に良いといわれるビタミンは次の5つです。

 

  • ビタミンC
  • ビタミンE

コラーゲンをつくり、維持するために働きます。

 

CとEは協力して働くので、どちらか一方を摂ればいいのではなく、両方とる必要があります。

 

 

  • ビタミンB2

お肌のターンオーバーを促進します。

 

 

  • ビタミンB6

皮膚の再生を促進します。

 

 

  • ビタミンA

お肌のターンオーバーを整えます。

 

 

ビタミンCが多い食べ物

 

ビタミンCは亜鉛とともにコラーゲン生成の補酵素として働きます。

 

 

とくに多いのは、アセロラ・ケール・グァバなどですが、普段食べる野菜や果物で十分な量が賄えます。

 

ピーマン・キウイフルーツ・ブロッコリー・レモン・カリフラワー・豆苗(とうみょう)・にがうり・柿・キャベツ・イチゴ・ほうれん草・カイワレなどがビタミンCが豊富です。

 

 

また、霊長類以外の動物は、体内でビタミンCを合成できるため、肉や魚介類にも、少量ながらビタミンCが含まれています。

 

 

ビタミンEが多い食べ物

 

ひまわり油・綿実油・サフラワー油などの植物油や、アーモンド・ヘーゼルナッツ・ピーナッツ(落花生)などのナッツ類のほか、卵や魚介類にも多く含まれています。

 

昔は卵は1日1個までといわれたりもしましたが、それは誤りだったいうことが判明しています。

 

魚や卵をしっかりとるとともに、適度に油も摂ったほうがシミそばかすを薄くするのに効果的です。

 

 

ビタミンB2が多い食べ物

 

レバー・海苔・わかめ・アーモンドなどにとくに多く含まれるほか、肉類魚介類に多く含まれています。

 

 

ビタミンB6が多い食べ物

 

マグロ・カツオ・イワシ・サバ・サンマなどの魚類や鶏肉・豚肉・牛肉などの肉類にとくに多く含まれます。

 

ビタミンB群は、Cと違って野菜や果物よりも、タンパク質が多い食品に多く含まれています。

 

 

ビタミンAが多い食べ物

 

レバー、うなぎ・あゆ・ほたるいか・あなごなどの魚介類、にんじん・ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

 

ビタミンAがターンオーバーに重要な理由

 

お肌のターンオーバーでは、お肌の奥で生まれた細胞が最後は角質細胞へと変化します。

 

角質細胞は、死んだ細胞です。

 

死ぬときに、保湿成分であるセラミドやNMFを放出します。

 

肌の細胞が角質細胞へと変化するときにはビタミンAが必要です。

 

 

亜鉛がしみそばかすに効く理由

 

亜鉛は、代謝全般に補酵素としてかかわっていて、細胞分裂やタンパク質合成に欠かせない栄養素です。

 

また、抗酸化作用もあるため、しみそばかすの原因である紫外線からのダメージから回復するのにも必要です。

 

ビタミンAを、貯蔵している肝臓から皮膚へと連れていくにも亜鉛が必要です。

 

13種類の必須ミネラルのなかでも、とくに活躍の場が多いのが亜鉛なのです。

 

 

亜鉛が多い食べ物

 

圧倒的に多いのは牡蠣ですが、そのほか牛肉などの肉類、卵の黄身、魚介類、豆ナッツ類に多く含まれています。

 

ただ、大豆や穀物の亜鉛は、フィチンと結合しているため、あまり吸収されません。

 

牡蠣エキスをしみそばかす対策に購入した方の口コミ

ファンデーションのノリがいい!

 

牡蠣は海のミルクといわれるだけあって、アミノ酸・ミネラル・ビタミンなどたくさんの栄養が含まれているので、牡蠣エキスのサプリを試してみることにしました。

 

飲み始めて、お肌が乾燥しなくなり、ファンデーションののりがよくなりました。

 

しみそばかすにも効きそうなので、毎日飲み続けようと思います。

 

肌の調子がいい!

 

肌荒れやしみそばかすにも良いそうですが、私の場合、肌が赤くなってかゆくなることが少なくなりました。

 

夜中まで入力作業をすると翌日に疲労が残るのですが、それも軽くなったような気がします。

 

牡蠣エキスのおかげで夏バテせずに乗り切れそうです。

 

肌のキメが整ってきた!

 

最近、肌荒れしやすくなり、シミも気になるため飲み始めました。

 

シミへの効果はまだわかりませんが、肌のキメが整って、落ち着いてきました。

 

コスパもリーズナブルなので続けたいと思います。

 

しみそばかすに効いてる?

 

暑さときつい仕事で疲れが取れないため、疲労回復効果を期待して飲み始めました。

 

朝の目覚めがよくなって、毎日頑張れるようになりました。

 

元気になったうえ、しみそばかすにもいいようで、嬉しい限りです。

 

→この口コミの牡蠣エキスはこちら

関連ページ

牡蠣エキスは美肌にいいのはナゼ?
牡蠣エキスは、美肌にいいといわれますが、どんな効果が期待できるのでしょうか?そこで、飲んでいる方の口コミや、牡蠣エキスのどんな成分に美肌効果があるのか、徹底調査、詳しく解説いたします!
牡蠣エキスで髪がつやつやになるのはナゼ?
牡蠣エキスを飲んで、たった数日で、髪がツヤツヤになったというかたが多いけど、ホントなの?それはなぜ?そんな疑問を解決するため、髪の毛の構造や成長過程などから徹底調査、牡蠣エキスのどんな成分がよいのか詳しくまとめました!
牡蠣エキスで痩せる?ダイエットになる?
血圧や血糖値、肝臓などが気になる人に愛用されている牡蠣エキス。痩せたとかダイエット効果があったという口コミもみかけます。そこで、牡蠣エキスを飲むとなぜ痩せるのか、どんな成分がダイエットに期待できるのかなどを徹底的に調査し、まとめました!
育毛促進に重要な栄養素とは?
牡蠣エキスは、天然の育毛促進サプリといっていいほど、頭髪を育てるのに効果的とされている栄養素が豊富なんです。今回は、海のミルクと呼ばれる牡蠣のエキスに含まれる育毛促進に重要な栄養素について、詳しくまとめています!
Sponsored Link

記事一覧

このページの先頭へ